【ベビーマッサージとは・・・】
お母さんが赤ちゃんにやさしく触れてマッサージするタッチケア。赤ちゃんとお母さん(もちろんお父さんも)との肌と肌の触れ合いです。
まだ言葉を話せない赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつでもあります。
親子の触れ合いはとても大切です。それは赤ちゃんの時期だけではなく、幼児期になってからも・・・。
手と手、心と心が触れ合うベビーマッサージは親子の絆を深める素敵なコミュニケーションのひとつ。ベビーマッサージを通して親子の時間を楽しんでみませんか?
【効果】
○皮膚を刺激することで脳が活性化して運動機能が発達する
○マッサージによって筋肉の発達を促す
○胃腸の働きを整えるので、便秘や下痢などに効果がある
○血行が良くなり免疫力が高まる
○深い呼吸になるので夜ぐっすり眠れる
○夜泣きや成長ホルモンの分泌にも効果大
○お母さん(お父さん)の育児への自信、精神の安定・・・等など
【オイルについて】
赤ちゃんの皮膚は約1mmで大人の半分程しかありません。また摩擦に対する機能も未熟です。
その為、ベビーマッサージを行う場合は基本的にオイルを使用します。
オイルを使うことによって赤ちゃんの肌を摩擦から守ることができます。また人肌に温まったオイルでマッサージすることでリラクゼーション効果も高まります。
使用するオイルはロイヤルベビーマッサージPJオイルといって、最高純度のピュアホホバオイルとナノ化プラチナを融合させた酸化しにくいオイルです。
オイルを使用するかどうかは、お母さまの判断に委ねさせて頂いております。
【対象年齢】
一ヶ月健診終了後〜何歳まででもOK!